トップ / 印刷物の鮮明さを求めるには

印刷物の鮮明さを求めるには

綺麗な印刷は難しい

画面と印刷の色はなぜ違うのか

ワードでチラシを作ったけど、プリンターで出力したら色が違う。ということありませんか。というのも、モニターと実際の色再現には大きな違いがあるのです。モニターは光(RGB)で再現し、印刷物はCMYKのインクで再現します。光は混ぜると白になりますが、インクは混ぜると逆に濁るという特徴があります。この仕組みの違いからも、モニターとプリントとの間に差異が生まれてしまうことが、お分かり頂けるのではないでしょうか。ほとんどのアプリはプリント出力を主な目的としていないため、RGBでの表現しかできません。また、プリンターも調節が必要になるため、個人ではなかなか難しいのです。本格的なものをお考えの場合は、デザイナーさんや印刷会社さんなど専門の方と十分相談されるのが一番の近道になります。

データの色の問題について

デザインやイラストを製作する場合は、印刷の仕上がりまでキッチリ確認しましょう。いわゆるモニタ画面の様子と、実際の図画とでは微妙に色合いが異なります。肉眼レベルで差異が分かる物もあれば、ほとんど同等に見える場合もあります。明らかにモニタの様子と違う仕上がりだった場合は、一度デザインデータを再チェックしましょう。印刷時の設定やプリンタの設定に問題があるのかもしれません。RGBとCMYKでは色の雰囲気が大きく変わる事が多々あります。一般的なプリンタには四つの種類がインクが使われていますので、設定を正しく行わないと、データとの違いがくっきり浮かび上がってきます。

↑PAGE TOP